木工認定試験内容


初級ペーパー試験

◆ 木工、粘土共通 (制限時間30分)

ドールハウスに関する、歴史や、木材、接着剤、工具の特質についてのペーパー試験


木工技術認定試験


◆ 木工初級(制限時間90分)

1.実技試験は、正方形のキューブタイプを作ります
材料5㎜ヒノキ角材


【持ち物】基本(筆記用具、定規、ピラニアノコ&マイターボックス、カッター、マット、紙ヤスリ等)
【材 料】協会にて配布(在宅は各自)


◆ 木工 中級(制限時間120分)

1.実技試験は、ピンタイプ式の開閉できる窓を作ります
2.ピンバイスは1㎜以下を使用する
3.窓は手前に90度以上開くこと
材料5㎜ヒノキ角材

 

【持ち物】基本(初級の持ち物)の他、1㎜のドリルとピンバイス、ピン、ハンマー、ニッパーなど
【材 料】協会にて配布(在宅は各自)


◆ 木工 上級A

1.可動部が、2か所以上ある家具を1点作りなさい
2.可動部はピンタイプ式(蝶番不可)、レール式、引き出し式から2種類以上使うこと
3.ピンバイスは1㎜以下を使用する
4.塗装はしません(仕上げにヤスリをかけます)
5.木材はヒノキのみ使用すること
※縮尺は、1/12で作ること


◆ 木工 上級B

1.壁2か所以上、床を仕上げたドールハウスを作りなさい
2.開閉できる窓かドア1か所含むこと
3.家具は、3点以上作ること(ピンタイプ式、レール式、引き出し式の3種類取り入れ、3か所以上使うこと)
4.ヤスリをかけ、塗装すること
5.小物10点以上(半数は、自作のこと)
※縮尺は、1/12で作ること


◆ 木工講師

1.4部屋以上のドールハウスを完成し提出しなさい
2.各部屋に窓かドアを付けること
3.上級A・Bで習得した技術をすべて取り入れること
4.オリジナル性、美術性、創作性を取り入れた作品
5.小物20点以上(半数は自作のこと)
※縮尺は、1/12又は1/24で作ること

作品合格後、作文、面接、実技、本部講習、助手活動(最高12時間、無報酬、交通費支給)を経て、 講師認定となる 認定講師取得後、必要に応じて協会のカリキュラムに沿った指導を行います

日本ドールハウス協会 技術認定制度についてのお問い合わせは「認定試験問い合わせ」よりどうぞ。